お知らせ

投稿日:2023年7月18日

焼却炉ってどうやって作られているの?

千葉県船橋市に本社を、市原市に工場を構える『株式会社MITUWA』は、ダクト製作や煙突工事、焼却炉の製造などを手がける会社です。

焼却炉


今回は「焼却炉ってどうやって作られているのか」についてご紹介します。

焼却炉ってどうやって作られているの?

まず、お客さまのご要望や規制に基づき、形状・サイズ・材料など細かな部分の仕様を策定し、詳細設計を行ないます。

設計図面が完成したら、それを元に製作工程に入ります。
製作段階では、溶接や加工技術を活用し、出来上がった部品を組み立てていきます。
高い気密性や耐久性を確保するために、作業は精密に行ないます。
続いて、電気配線や制御装置を組み込み、安全性や効率性を向上させるための制御システムを設置します。
これにより、炉内の温度や排ガスの組成を管理し、適切な操作が可能になります。
最後に、製造された焼却炉は試運転や検査を行ない、品質と性能を確認します。
問題なければ、据付工事に進み、設置後、最終確認をし作業完了です!

ご相談はお気軽に

弊社では、焼却炉の設計から施工・メンテナンスまで一貫して行なっています。
焼却炉に関することなら、お気軽にお問い合わせください!

株式会社MITUWA
〒274-0801 千葉県船橋市高野台3-18-1
電話:047-402-3601 FAX:047-402-3602

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

焼却炉、受入コンベアのバチ当工事

焼却炉、受入コンベアのバチ当工事

焼却炉の受入コンベアの側面の鉄板に亀裂が入り鉄板で補習 …

どんなデレッキ棒でも製作いたします!

どんなデレッキ棒でも製作いたします!

厳しい寒さが続いていますが、暦の上では春を迎えましたね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?さて、今回 …

ステンレスの煙突

ステンレスの煙突

お問い合わせ 採用情報